《イベント》台湾インクに魅せられて

2024年9月22日(日)&10月20日(日)、台湾インクの展示販売会を行います。

藍濃道具屋(レンノン・ツール・バー)は、台湾のインク屋さん…と思いきや、本業は藍染屋さん。「一人でも多くの人に、藍染の色合いの美しさを知ってほしい」という想いで藍濃道具屋は設立されました。
今回、jetsetter株式会社と共同主催で、台湾インクに特化したイベントを開催いたします。
★試し書きもできます。

台湾風シリーズ。台湾各地方のイメージを元にした色で、台湾旅行を経験した方々や、これから旅行を計画している方々にインクの色を通して台湾を知ってもらいたい、そんな思いがこもったシリーズです。

9月と10月の、2日間限定イベント!

台湾インクが錢屋ギャラリーに集結するのは、9月22日(日)&10月20日(日)の2日間。
心ときめく色を、見つけにきませんか?

デジタル化、効率化を図る今の世の中で、“書く・描く”という時間が、どんどん少なくなっている気がします。
誰かを思いながら手紙を書いたり、一日を振り返りながら日記を書く。未来のことを想像して、手帖を書く。
今回のイベントは、手書きのあたたかさやアナログの良さを、今一度見直す機会にもなるのではないでしょうか。

「インク」と聞いて、みなさんはどの様な印象を持たれますか?
レトロでクラシカルな印象をお持ちの方もおられるのではしょうか。
実際は、つけペンで手紙やカードを描いたり、筆を使ってイラストを描いたりと、さまざまな楽しみ方ができる身近な画材なんです。
近年「インク沼」という言葉が生まれるほど、文具界ではインクブームが巻き起こっています。
それに伴い、インクを染みこませて使用するペンやスタンプ台なども登場しているんですよ。

台湾の春を彩る「花」がテーマのインク」
台湾の冬の風物詩「滋養」がテーマのインクも!

その名も、錢屋本舗限定オリジナルインク 藏藏(カンカン)。錢屋カフヱーで通常販売も行っています。

オンラインショップ、錢屋商店でも販売中
青と緑の中間のような、使いやすい色合い。いろんなペンと筆で、書き比べてみました。

📖ゼニヤのホンキ:想いをのせたインクを世界へ
📖カフェタイム:スタンプ台にインクをしみこませてみた!

インクの試し書きもご用意いたします。インクが楽しめる、台湾の古典式万年筆も!自分がときめく「色」を見つけに、お気軽にお越しください。

==========
日時:
2024年9月22日(日)&10月20日(日)11:30~17:30

会場:
錢屋ギャラリー(大阪市天王寺区石ヶ辻町14-6)

内容:
インク・万年筆の展示販売、試し書き
==========

profile:
Jetsetter 株式会社
「今より少しだけ丁寧で上質な暮らし」に寄り添うこだわりのアナログ製品を台湾やイタリアを中心に世界中からセレクト。日本市場に合わせた形で百貨店や専門店などに展開して紹介しています。

詳細

日時
2024年9月22日(日)&10月20日(日)11:30~17:30
開催場所

錢屋ギャラリー(大阪市天王寺区石ヶ辻町14-6 錢屋カフヱー入ってすぐ右)

お問合せ先
TEL:06-6772-1245
E-mail:salon@zeniyahompo.com