<開催終了>珈琲とお菓子と本のある休日 大人のための――文学散歩

 

珈琲とお菓子と本のある休日
大人のための――文学散歩

若い頃に一度読んだことのある文学作品はたくさんあるかもしれませんが、
もう一度読むという経験はあまりないのでは。

でも、改めて読みなおせば、幼い頃・若い頃とはまた違った光景が見えてくるかもしれません。

「もしかしたら、そんな話だったのかも」。

新しい発見との出会いを楽しみながら、
錢屋本舗本館のお菓子とともに過ごしてみませんか。
作家によってリライトされた改作。声色と言葉だけで物語を想像する・・・。
そしてアフタートークで綴る休日の午後。

楽しい90分をお届けします。

●山月記
原作 中島敦
改作 中野順哉
朗読 玉山眞衣

=====================
※「会場参加」の方へ:ご来場の際はマスク着用をお願いいたします。
※「オンライン参加」の方へ」:開催の前日までにzoomのURLなどの情報をご連絡します。
=====================

************
◆出演者:玉山 眞衣(声優)・中野 順哉(作家)

◆日時:2021年06月26日(土) 14:00-15:30 終了予定
(開場:13:45より)

◆場所:錢屋サロン
(大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町14番6号 錢屋本舗本館4F)

◆定員:会場参加、オンライン参加ともに定員があります。
お早めにお申し込みください。

◆会費:(会場参加):2,000円 (珈琲・お菓子付き)
(オンライン参加):1,000円
※オンライン参加の方には錢屋カフヱードリップパックコーヒーと焼き菓子をお送りします。

◆問い合わせ先
電話:06-6772-1245(㈱錢屋本舗 受付:平日10~17時)

◆キャンセルについて
お申し込み後のキャンセルにつきましては必ずご連絡ください。オンライン参加の方のお菓子を発送後のキャンセルは出来かねますので予めご了承くださいませ。

******************
玉山 眞衣

声優。2019年の「栗東いちじくコンサート」の朗読劇「謀」(中野順哉作)で、
主人公「青年」役を、また同年近江八幡にて朗読劇「伊豆の踊子」を演じる。
2020年朗読劇「関ケ原戦記異聞――家康の宣言!」にて主演。
同時に脚本、舞台などの芸術にも独自の感性を発揮し、
ステージ製作のサポートも手掛けている。作家・中野順哉の制作アシスタント。
大阪府出身。京都女子大学法学部法学科卒業。

中野 順哉

作家。小説を故・阿部牧郎、浄瑠璃台本を故・七世鶴澤寛治の各氏に師事。
上方講釈師・旭堂南左衛門とともに、各地の歴史をテーマにした講談を創作し、
百を超える作品を記す。七世鶴澤寛治のもとで浄瑠璃台本を学び、
その経験をもとに、2014年独自の大阪文化論「私の見た大阪文化」を作成し各国総領事館に配布。
雑誌「新潮45」において「歴史再考」を連載。
それがきっかけとなり、作家として独立することに。
2018年よりアニメ声優の朗読劇「フォアレーゼン」をプロデュース。
さらに、関西の企業とともに、商品・企業活動に人格を与えるブランドパーソナリティ、
ブランドストーリーの構築を行っている。
主著「うたかた―七代目・鶴澤寛治の見た文楽」(関西学院大学出版会)、「ンポロゴマの倒錯」(関西学院大学出版会)、「つわもの」(アルトスリー)。

    参加方法 会場もしくはオンライン参加