(2021.7月)暮らしの中に彩を【colorful life】

『colorful life』と名付けられた窪塚 裕介さんのイラスト展示販売会。

おうち時間が増え、期間中にお越しいただいた中で多かったのが「部屋に彩を加えたかった」「いつかアートを飾ってみたかった」をいうお客様の声。

窪塚さんの作品はアナログとデジタルな技法を掛け合わせて作られています。その線や色彩から放たれる世界観は見ている人を魅了します。そして今回はイラストと併せてフレーム付きでの販売。フレームもひとつひとつ窪塚さんが彩色しています。民族文様や刺繍の色遣いにも感銘を受けた窪塚さんだからこそ、色がもたらす力を宿すことができるのでしょう。

 

皆さんの住空間を心地よいものにしているものはなんですか?

窪塚さんのWebサイト上に「絵を飾ることで起こる空間の変化をもっと多くの人が音楽を聴くように日常的に楽しんでほしいと思い様々な技法・スタイルで作品を製作しています」というメッセージがあります。窪塚さんのおっしゃるように、音楽は住空間や仕事空間、移動時間などに取り入れる人はここ数年増えたと思います。では絵画はどうでしょうか。賃貸だから避けてきた方も、いまでは壁を傷つけずに絵を飾るための便利な品が売られています。ほんの少しのアイディアが毎日を彩りを加えてくれるかもしれません。

気付きのきっかけに

好きなものに囲まれて暮らす生活は豊かであるとわたしたちは考えます。ただ、「好きなもの」に気付かず、まだ巡り合えていない方もいらっしゃると思いますし、これから出会う新たな「好きなもの」を心躍らせて待っている方もいるでしょう。

そんな気付きのきっかけを錢屋本舗本館より発信し続けていきたいと思い、ジャンルや枠と呼ばれそうなものを超えて取り組んでいます。今回のギャラリー展示販売会のようにひとつずつ丁寧に本物と出会える機会を作ってまいります。

=======================================

窪塚 裕介

 

染色・洋裁・革細工など様々な物作りをして行く中で、絵を描く事に深い自由を感じ作品制作を始め、より没頭できると考え2009年より4年半の間、作品を制作・販売しながら日本全国を旅する。

現在は地元群馬県を拠点に全国各地のクラフト展への出店活動とギャラリーを中心に個展を開催している。

2010 第6回世界絵画大賞展入選