朗読会にもいろんな形があります

<朗読会って?>

表紙に載っている写真をみると

「どこが朗読会?」と思われるかもしれません。

わたしたちの行う朗読会はいくつかスタイルがあります。
この写真は、朗読を約30分聴いた後のアフタートーク中の一枚。

中央に映るのが声優の玉山眞衣さん。
左が作家の中野順哉さん。
そして右が代表の正木裕也です。

このときは第一回目 題材は「走れメロス」(作:太宰治)
原作をふまえ走れメロスを中野さんが改作し、玉山さんが朗読しました。
1人何役もこなし、声の力だけで観客をひきこみます。

そして物語を話し終わった後に
同建物内にある錢屋カフヱー(自社運営)の珈琲とお菓子をつまみながら
改作された物語について語り合ったり、原作をふり返って想いを話したり。

本って
あの頃読んだ時と、あ読んだとき、そして未来に読むとき・・・
同じ本でも培ってきた経験や今の感情によって
解釈の仕方が少しかわったりしませんか?
それがまた面白い。

同じ空間(会場とオンライン併催です)で
同じ物語を聴いて、なにを感じたか、
インプットで終わらずに、時間を共有した人たちとアウトプットし合いながら
それぞれの考え方に耳を傾ける。
そんな時間もたのしいひとときかもしれません。

次回に予定しておりますのは
●6月12日(土)16:00~
謎解き朗読劇 ~この謎、解いていただけますか?~
劇中に隠されたヒントをもとに、最後には皆様に謎を解いて、解決へと導いていただきます。
大人から子供まで楽しめる、参加型朗読劇。

声優:玉山 眞衣・湊﨑 さやか

●6月26日(土)14:00~
珈琲とお菓子と本のある休日 大人のための――文学散歩
原作:中島 敦 「山月記」
改作:中野 順哉
声優:玉山 眞衣

を開催します。

会場でのご参加、オンラインでのご参加
どちらも可能です。
皆さまのご参加をお待ちしております。