イベントサムネイル

《イベント》第4回 民藝の貴重映像を観る

カナダを拠点に活動する映像作家 Marty Gross(マーティ・グロス)氏の再来日が決定いたしました!



〈本イベントについて〉
マーティ氏は民藝運動にも関わりの深いイギリス人陶芸家のバーナード・リーチより、戦前の日本を記録した16ミリフィルムカメラの映像を託されたことをきっかけに「民藝フィルムアーカイブ」として、民藝に関する貴重な映像記録を収集し修復、デジタル保存する活動を続けています。このイベントでは濱田庄司、柳宗悦、河合寛次郎などの民藝運動の中心人物を映したもの、当時の日本各地のものづくり風景を記録したものなどの、貴重な映像の数々からいくつかご覧いただけます。また、マーティ氏から直接お話を伺える機会でもありますので、是非ご参加ください。
また、聞き手として一緒にイベントにご参加いただきますのは、能楽囃子方の小鼓奏者で人間国宝であられる『大倉源次郎』氏と弊社代表『正木裕也』となっております。

『民藝フィルムアーカイブ』プロジェクトについて → https://mingeifilmarchive.com/



【上映予定映像】
バーナード・リーチ撮影『日本旅行』より 日本の陶産地・益子ほか バージョン2
  解説:瀧田 貢一(陶芸作家) 陶芸家瀧田貢一が、濱田庄司と映像に残る益子の思い出を語る。

リーチ・ポタリ―1952
  解説:バーナード・リーチ 当時のイギリスにあるリーチの工房での一連の制作風景を詳しく描写。
  リーチ自身がその作品、哲学などを語る。※日本語字幕

リーチ・ポタリ―を訪ねて
  解説:ジョン・べディング(陶芸家) 編集者キム・シュフタンが撮影したリーチのプライべート工房
  ※日本語字幕

★当日はアルコール・ソフトドリンクの販売がありますので、飲み物と一緒に鑑賞していただけます。
★全席自由席


【イベントの様子
ホールでのイベントの様子
イベントでのお客様の様子

PROFILE

Marty Gross マーティ・グロス
 カナダ出身の映像作家。カナダのトロントでは子供向けのアート教室を営みながら、「民藝フィルムアーカイブ」というプロジェクトを立ち上げ、民藝に関する古い資料映像などの収集、修復、デジタル保存などを行っている。活動は日本だけでなく韓国、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アメリカにも及んでいる。


大倉 源次郎 おおくら げんじろう
 1957年 大倉流十五世宗家大倉長十郎の次男として大阪に生まれ、1985年に大倉流小鼓方十六世宗家を継承する。
2017年 重要無形文化財個人指定(人間国宝)に。
能を舞台芸術の一つとして多くの人に伝えたいと、日本を問わず海外公演も積極的に開催している。マーティ氏とは自身監修の能楽DVDの海外販促に協力してもらって以来、交友関係が続いている。

詳細

日時
3月14日(木) 18:30~20:30 (開場 18:00)
※終了時間が前後する場合がございます。予めご了承ください。
開催場所

うえほんまち錢屋ホール(大阪市天王寺区石ヶ辻町14-2 錢屋本舗南館6階)

お問合せ先
TEL:06-6772-1245
E-mail:salon@zeniyahompo.com
参加費
2,500円(税込)
キャンセル料の発生日
※キャンセルの際は必ずご連絡お願いいたします。
※3月8日以降は基本返金不可とさせていただきます。

オンライン申し込み(クレジット)※複数名分を一括でお支払いの方は下の申し込みフォームからお願いいたします。

クレジット以外、複数名分のお申込をご希望のかた(振り込み・直接入金)