錢屋塾

満席(キャンセル待ち受付中)

【スイーツ講座】江崎 修 先生~リンツァートルテ・サヴァラン~

江崎 修先生に教わる「伝統菓子」

辻調グループ校 元・製パン主任教授の江崎修先生のレッスン。
先生の著書『プロのための分かりやすい製パン技術』は、製パンの教科書ともいわれるほど。
錢屋塾ではドイツ菓子をはじめとした、伝統菓子を教わります。

今回のメニューは

・Linzertorte(リンツァートルテ):古くはタルトとして作られていたものがオーストリアのリンツ地方で現在のバター生地の焼き菓子になったと言われています。くるみの風味に赤スグリのジャムとクローブ、シナモンの香りがよく合っています。

・Savarin(サヴァラン):柔らかい発酵生地を焼き上げ、好みのお酒のシロップに浸して仕上げたフランス菓子。19世紀初めにババ・オ・ロム(ラム酒風味のババ、ダリヨル型)として広まった後にサバラン型に形をかえてつくられたとか。

お菓子作りが好きな方もまだまだ出会った事がないレシピが多いので、初心者のみならず全ての方に楽しんでいただけるメニューです。

皆さまどうぞお楽しみに!

※建物にはエレベーターがございません。あらかじめご了承ください。

※お写真は過去の作品となります。

 

講座詳細

日時
開催場所錢屋本舗本館4階 サロン(大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町14-6)
お申込み締切2021年8月25日 ただし満席になり次第受付終了
お問合せ先TEL:06-6772-1245
E-mail:salon@zeniyahompo.com
参加費6,600円(試食&お持ち帰りあり)※状況によっては試食分もお持ち帰りに変更させて頂く場合がございます、ご了承くださいませ。
キャンセル料の発生日材料の仕入れの都合により2021年8月19日10:00からのキャンセルは会費の100%をキャンセル料として頂戴いたしますので、予めご了承ください。
定員10名(4名以上で開催)
持ち物エプロン、ハンドタオル、筆記用具、お持ち帰り用袋
講座内容・Linzertorte(リンツァートルテ):古くはタルトとして作られていたものがオーストリアのリンツ地方で現在のバター生地の焼き菓子になったと言われています。くるみの風味に赤スグリのジャムとクローブ、シナモンの香りがよく合っています。

・Savarin(サヴァラン):柔らかい発酵生地を焼き上げ、好みのお酒のシロップに浸して仕上げたフランス菓子。19世紀初めにババ・オ・ロム(ラム酒風味のババ、ダリヨル型)として広まった後にサバラン型に形をかえてつくられたとか。

講師:江崎 修 先生

1952年 熊本県生まれ
辻調グループ校 元・製パン主任教授
研修歴
1976年 早稲田大学日本史学科卒業
1977年 大阪あべの辻調理師専門学校卒業
1979年 ハンブルク「シュタットベッカライ」
    ホテル「フィーヤーヤーレスツァイテン」にて研修

著書
「プロのための分かりやすい製パン技術」(柴田書店)は家庭製パンの教科書と評判。

キャンセル待ちでの予約はこちらから

キャンセル待ちで予約する