【ライブ配信】錢屋ギャラリーSALON
『この人のB面展~小野真龍・大倉源次郎』

 

錢屋ギャラリーSALON
『この人のB面展~雅楽演奏者 小野真龍・能楽師 大倉源次郎(人間国宝)』

本業をA面とするのであれば、B面(素顔)の豊かな人は、
とても魅力的だと思いますが、あまり知られることもありません・・・。
だからあえてSALON主人の正木裕也がA面ではなくB面と向き合い、対話します。

今回のゲストは
A面として『能楽師』の顔をお持ちの大倉源次郎さんと『雅楽演奏者』の顔をお持ちの小野真龍さんです。
B面(素顔)の大倉源次郎さん・小野真龍さんと時間を共有します。

お酒や珈琲を味わいながら肩の力を抜いて語り合います。

================
日時:2021年11月24日(水)20:30より配信開始

【Instagram @zeniya_cafe】【Facebook 錢屋本舗本館】
にてライブ配信しますので、みなさまもゆっくりくつろぎながら
時間をともにしていただけたら嬉しいです。
(お申込み不要/お客様各自のアカウントでご参加ください)

にてライブ配信しますので、みなさまもゆっくりくつろぎながら
時間をともにしていただけたら嬉しいです。
(お申込み不要/お客様各自のアカウントでご参加ください)

◆大倉源次郎(人間国宝)

1957年、大倉流十五世宗家大倉長十郎の次男として大阪に生まれる。
流派を越えて21世紀の能を考える「能楽座」座員20代より通常の能公演はもとより、
誰もが日本文化である「能」と気軽に出会えるよう「能楽堂を出た能」をプロデュースし
「近鉄アート館能」「六甲アイランド能」「叶匠寿庵薪能」などを制作する。
様々な海外公演にも数多く参加、パリ、ニューヨーク、シンガポール、香港、ミラノ、
ロー マ、ロシア、サンクトペテルブルグ、ストラスブール、ポルトガル、ハンガリー他25ヶ国で
延べ30ツアー以上、45公演以上に参加。
子供向けの能楽体験講座なども各地で開催、財団法人 岡三加藤文化財団の助成を受け三重県下の学校での囃子公演を継続。
奈良県櫻井市の多武峰談山神社では、鼓の産地であったことを顕彰し
小鼓体験教室「鼓魂(こだま)の会」を開催し好評を得ている。

 

◆小野真龍

1965年、小野妹子の八男を開基とする浄土真宗本願寺派願泉寺(大阪市浪速区)に生まれる。
幼少より四天王寺「聖霊会の舞楽」の童舞の舞人を務め、天王寺楽人の道へ。
京都大学文学研究科博士課程(宗教学)を修了。宗教哲学の研究で京都大学博士(文学)となり、
2008年より2016年まで相愛大学人文学部特任准教授を務める。
その後、願泉寺の第44世住職を継職して現在に至る。継職後も京都大学文学部大学院等で兼任講師を務め、
現在は関西大学客員教授。
主な著書に『ハイデッガー研究』(京都大学学術出版社:日本宗教学会受賞)、『雅楽のコスモロジー』(法蔵館)などがある。
他方、雅楽演奏者としても研鑽を積み、
1993年より重要無形民俗文化財「聖霊会の舞楽」(天王寺舞楽)を伝承する天王寺楽所雅亮会の会員となり、
四天王寺の由縁の舞台や、住吉大社、巖島神社をベースに、雅楽演奏・演舞活動を行う。
またフェスティバルホールでの定期演奏会にも毎年参加し、海外演奏経験も豊富である。
雅亮会の後継者育成機関や、相愛大学等で雅楽実技も指導している。
現在は天王寺楽所雅亮会副理事長、天王寺舞楽協会常任理事。