錢屋本舗本館

個展『mizobatasaki Exhibition JOURNEY-Break time』

ZENIYA GALLERY POP UP【期間限定 個展販売】
『mizobatasaki Exhibition JOURNEY-Break time』

作り出される唯一無二の世界

“いち・に・さん・し♪”明るい声がイラストの中から聞こえてきそう。どのヒトもみんなチャーミングでご機嫌さん。
一度でいいからその世界の住人になってみたいと感じさせてくれる、そんなココロオドル作品をつくるのは、イラストレーターmizobatasakiさんです。
https://sususudesu.stores.jp/

2015年よりイラストレーターとして本格始動したmizobatasakiさんは、昔から日常の出来事を心躍るものへと転換することを得意とし、現実と妄想を混じり合わせたイラストを描き続けています。

目の前でするするっとペンを走らせる彼女は、「もしかするとこの世界から出てきた住人ではないか!?」という不思議な想像をしてしまうことも。よく見ると、色とりどりなご機嫌さんたちの中に、わたしたちに似ている人が潜んでいる気がする、といろんな角度で楽しむことのできる作品ばかりです。

mizobatasakiさんは自身で創作する作品以外にもイラストのオーダーも受け付けています。コーヒーショップや美容室、カフェなどお客様がお店に遊びに来る様子や、モノづくりをしている作家さんのアトリエ風景、あたたかい家族のイラストなど。「夢や願いを形にしてくれるから」そんな気持ちで依頼している人もいるのではないでしょうか。その中のひとつには、皆さんご存知の「551蓬莱」を描かれたこともあるんですよ。今日も皆さんへお届けするために街を走っている配送トラックには、難波の商店街にある551蓬莱の本店でせっせと仕込みを行うスタッフさん、商品を求めて行列をつくるお客様たちの姿が写し出されています(2021年2月現在)。みんな忙しそうだけれど幸せが溢れている世界がmizobatasakiさんの個性です。

冒頭にお伝えしました通り、mizobatasakiさんの世界にはシンプルに「見ていてココロオドル」場面が詰まっています。そんな場面を作る様子が少しでも垣間見れるのがイベント【雰囲気にがおえ屋さん】です。「はじめまして。」と挨拶して会話を楽しんでいるうちに、迷いなくペンが走り出す。ペンの動きや会話に夢中になっているうちにイラストで表現された自分が目の前にいて不思議な気持ちですが、写真とはまた違う想い出づくりになります。ご参加の方法も「会場」「郵送(事前に写真データをお送りいただく)」の2種類を選んでいただけますので、この機会にぜひ想い出の一枚を一緒につくりましょう。

Information
【mizobatasaki Exhibition JOURNEY-Break time】
2021年3月6日(土)~3月14日(日)12:00~18:00
※8日(月)お休み/最終日14日(日)のみ17:00まで
会場:錢屋ギャラリー 入場無料 販売あり
※雰囲気にがおえ屋さんにつきましてはWebサイトをご覧ください。