錢屋塾

【錢屋塾おおさか講座】オンライン参加 池永 寛明先生

【錢屋塾おおさか講座 ~コロナ禍後社会を考える連続講座~】※オンライン参加  (会場・オンライン同時開催)
コロナ禍後社会におけるビジネスを考える
講師:池永 寛明先生
  (大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問)

「ワークとライフが溶けあい、どう生きるか」が大切になるー働き方改革などで議論されていた、ワークがどう、ライフがどう、ワーク&ライフをどう考えるのかを超えて、「いかに生きるか」がコロナ禍後の社会における重点となる。

コロナ禍は、「場」と「時間」の変革である。ステイホームで、テレワークで、家にずっと、家族と一緒にいる「濃厚な時間」を体験している。

そのなか、絢子とは、家族とは、働くとは、学ぶとは、友だちとは、地域とはなんだろうと、考えている。

家族が一緒で、なにげない、自然で、ゆるやかで、ちょっと嬉しい、そんな家族の記憶をひとつひとつ重ねて、みんなが成長していく実感のある日々を過ごしている。

それは、10 年先、20年先、30年先から振り返って、自分の人生のなかで、もっとも記憶に残る日々、あれから大きく変わったと思う日々となるかもしれないという予感をしている人も多いだろう。

親子観、家族観、仕事観を混じり合わせた生活観の変化は、生き方を大きく変えることとなる。

デジタル技術の進化を活かした移動のカタチの変化を生かして、場と時間を転換させて、機会を変え、消費構造を変え、産業構造を変え、経済構造を変えていくこととなる。今回のコロナ禍後社会を考える講座は、生活からみたコロナ禍後社会の風景を考える。

コロナ禍後社会を考える連続講座の第5回目。

コロナ禍は、大断層(リセット)といあるくらいの大きな変革。これから何をすべきかを考え、そのためになにをどう準備するのかを参加者の皆さまと考えていく、コロナ禍後社会を考える講座です。

連続してご参加いただいている方も多いですが、初めての方もどうぞご参加ください。

今回は会場開催とzoomを使ったオンラインセミナーの併催といたします。

「オンライン参加」の方へ」:開催の前日にzoomのURLなどの情報をご連絡します。

今後の講義スケジュール

●第6回  11月10日(火)    19:00~21:00  コロナ禍後における都市・地域を考える

●第7回 12月 1日(火)   19:00~21:00  コロナ禍後社会を考える 「総集編」

 

講座詳細

日時
開催場所錢屋本舗南館6階 うえほんまち錢屋ホール(大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町14番2号)
錢屋本舗本館裏にございます、1階が駐車場の建物となります。
お申込み締切2020年10月20日(月)12:00
お問合せ先TEL:06-6772-1245
E-mail:salon@zeniyahompo.com
参加費500円
キャンセル料の発生日お申し込み後のキャンセルにつきましては必ずご連絡ください。  
定員会場・オンラインそれぞれ定員がありますのでお気をつけください。
持ち物筆記用具・資料持ち帰り用カバン
講座内容第5回 10月20日(火)19:00-21:00
『コロナ禍後における生活を考える』

講師:池永 寛明 先生

大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問



1982年、大阪ガス入社後、人事労務スタッフ、業務用・産業用エネルギー部門で中期事業計画、

エネルギーのマーケティング、国内新規エネルギー事業開発に従事。

2008年4月に日本ガス協会企画部長に出向しエネルギー・環境制度対応、

2011年4月に大阪ガスに帰社後の北東部エネルギー営業部長では
東日本大震災後のエネルギー・レジリエンス対応、近畿圏部長として
まちづくり・ソーシャルデザインを通じた地域との共創活動を行った後、

2016年4月にエネルギー・文化研究所 所長、2019年4月より現職。




池永寛明先生コラム

銀行振込での予約はこちらから

銀行振り込みで予約する