錢屋本舗本館

, …

THE LETTER PRESS Presents 『まだまだ知らない活版印刷の世界』-変化する時代に、変わらぬ印刷価値を紙に残して-


活字が紙に印刷された時にできる凹み、
インクの滲みやムラ、色のかすれた様子
直接触れることでどこか懐かしいと感じる、活版印刷にはそんな魅力があります。

今、紙を印刷するということに対して、様々な意見もあるでしょう。
デジタルの良さももちろん理解した上で、紙だからこそ伝わる言葉や絵がきっとある。
だからこそ“形”として残すべきだと考え、
昔ながらの活版印刷を受け継ぎながら、
時代の流行に寄り添った印刷を提案されている有限会社 山添さん。
彼らが運営するTHE LETTER PRESSは「印刷」の新しい発見や価値を模索し発信し続けながら、お客様自身が物を創り出す楽しいひとときを体験していただける場として
2018年のオープン以来印刷を通して人と人、人と時、人と場所を繋いでいます。

デジタル化が進み、活版印刷に触れる機会は非常に少なくなりました。
言葉や絵を形として残す。
かつては当たり前だったことをもう一度見つめなおしてみませんか?
これまで知らなかった新たな活版印刷の魅力を発見しに錢屋ギャラリーへお越しください。

イベントでは、
・活版印刷の歴史を学べる展示
・活版印刷の制作事例
・商品の展示販売
・ワークショップ
・活字名刺オーダー会
など活版印刷の世界を存分に満喫していただける内容を予定しております。

イベント詳細▼
【ワークショップ】
活版印刷の体験ができるワークショップを開催します。
印刷した後は、ギターピック型インテリアが作れるペーパークラフトに変身!
活版の凹凸を指で感じながら、組み立てる楽しさも体験できます。
料金:1,100円(税込み) ※ご予約不要
【活版名刺オーダー会】
活字を使った名刺の受注会を開催します。
無形文化遺産に登録されている耳付き和紙や、
南三陸の福祉作業所で作られている再生紙「NOZOMI PAPER」など、
選りすぐりの紙を実際にお手に取ってご覧いただけます。
オーダー会では、名刺のご相談・ご注文・お支払いまでを済ませていただき、
活字とお名刺を約1か月後にご自宅に郵送いたします。
機械に通りにくい耳付きの紙は、スタッフが手刷りで一枚一枚活版印刷いたします。
少しずつ表情の異なる紙や印刷の風合い、活版印刷の凹凸をお楽しみください。
表面には、日本で数件しかない活字鋳造所「築地活字」様の活字を使用します。
詳細情報は金属版を使って裏面に活版印刷いたしますので、ビジネスシーンでもご活用いただけます。
昔ながらの活字を使った手刷りの活版名刺には、現代では表現できない独特の雰囲気があります。
印刷の歴史に想いを馳せながら、世界に一つしかないお名刺を作ってみてはいかがでしょうか。
まずはご相談だけでも大歓迎です。

30枚 10,780円(税込み)~

*****

【Profile】
THE LETTER PRESS(ザ・レタープレス)
大阪・野江にある、活版印刷でものづくりが楽しめる印刷ショップ。
店内には活版印刷を使ったオリジナル商品が並び、
昔ながらの活字や機械を使った活版印刷体験も可能。
運営するのは、1968年に1台の手刷りの活版印刷機とともに始まった有限会社 山添。
大阪を拠点に昔ながらの活版印刷を通じて、“豊かさを感じる幸せな瞬間”を届けることを目指し活動を続けている。

THE LETTER PRESSホームページ
★ここをクリック★

===============
『まだまだ知らない活版印刷の世界』

日時:2022年10月22日(土)・23日(日)
11:30~17:00
場所:錢屋ギャラリー
大阪市天王寺区石ヶ辻町14-6 錢屋本舗本館105
(錢屋カフヱー入ってすぐ右)

※入場無料
===============