錢屋本舗本館

, …

本当のおいしさとは

錢屋カフヱー カフェタイム~ちょっとした時間、ちゃんとした美味しさを~
本当のおいしさとは

皆さんの中には「Bean to bar」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。当店でも、専用チョコレート冷蔵ケースで、トモエサヴールさん厳選のチョコレートを多数扱わせて頂いておりますが、その「Bean to bar」という言葉本来の意味を意識したことはありますか。

一般には、「カカオ(Bean)から板チョコレート(Bar)まで製造者が一貫して手掛けるスタイルのこと」を指します。厳選したカカオ豆の特性を最大限に生かすため、作り手の想いで様々な工夫がされている事が特徴です。

では、当店で取り扱っている「チョコレート」と、小さい頃から親しみのある「チョコレート」との違いは何でしょうか。それは、美味しさ以外にも、様々な要素があります。

トモエサヴール代表のさつたにかなこさんは「カカオを作っている人の顔が見えて、生産者が見えて、商品になるまでの工程がとてもクリアーで、誰も泣いている人がいない(搾取されている人がいない)チョコレートを販売したい。」そんな想いでチョコレート本来の魅力を伝える活動をされています。

錢屋シネマでも度々上映させて頂いている作品『バレンタイン一揆』では、量産されるカカオ豆農家の労働問題が取り上げられているように、フェアトレードであることも、チョコレートを味わう上で重要な違いの一つになるのではないでしょうか。

当店では、そんな輸入者・製造者・生産者の想いを大切にしたチョコレートを、皆さまにも味わって頂きたいと思い、選りすぐりの商品を取り扱いさせて頂いてます。ぜひ店頭にてご覧ください。